2020年4月24日金曜日

演劇祭の延期について

路上演劇祭Japan in浜松2020は、5月31日の開催にむけて準備してまいりましたが、延期を決定しました。

3月お彼岸の頃は、もしかしたら連休後落ち着くかもしれないなんて思いましたが、とてもとても、新型コロナウイルスの感染拡大は、今までに経験したことのない事態です。
東日本大震災の時も、ショッキングな出来事ではありましたが、演劇祭をやれないとは思わなかったし、そういうときの何かを乗り切るアクションとしての演劇祭もありだと思えました。
でも、今回は違います。マスクとソーシャルディスタンスと、家にいることしかやりようがなくて、ただ終息をまつ、なんとも無力感にさいなまれます。
延期というアクションしか、おこせません。でも、これは残念なこととは思いません。何も嵐の中、航海に出る必然もないでしょう。

延期という場合、普通はいつ頃に延期と時期を決めますが、今の事態では時期を決められません。
でも中止と言わないで、延期とします。実際には来年の開催になろうかと思います。
それまでの間、虎視眈々と目を光らせておこうと思います。
なにが 起こっているのか、何かが 変わっていくのか。
熾火をともし、いつでも火を起こせるようにしておきます。

事態が収まって、動きが取れそうになったら、街歩きや砂山朝市でのパフォーマンスはできるかもしれません。
ナイフは研いでおく、材料は集めておく、夢は紡いでおく、足は鍛えておく、そして、よく見ておきます。

皆様
今後とも、情報はこのブログで発信していきます。少々準備期間は長引きますが、路上演劇祭Japan in浜松2020は生きています。よろしくお願いします。
                     路上演劇祭Japan 浜松実行委員会 代表 里見のぞみ

出演者紹介 その5